見る人にオシャレだと思わせるためのホームページ作り『3つの注意点』

目がチカチカする色の使い方はNG

ホームページを少しでもオシャレにしようと、多種多様な色を使う人が多いです。ですが、これでは逆効果で、読者に悪い影響を与えてしまいます。色が多いと、目がチカチカしてしまい、オシャレではなく『読みづらい』という印象を与えてしまいます。オシャレなホームページを考えているのなら、まずは目がチカチカするような色は控える必要があります。なるべく濃くない、薄い色のものを使うと良いです。これは記事内容に関しても言えることなので注意しましょう。

ホームページに使う色の数を限定してしまう

カラフルな色を使われたホームページも気分を害する恐れがあるので避けましょう。薄い色を使うことを心掛けるだけでなく、使う色の数も限定すると良いです。3から5色ほどあれば十分です。この色選びは、自分のホームページのテーマに合う、最低限必要なものにするとオシャレになります。また、記事内の文字に対しても同じくことが言えます。文字までカラフルにすると読み辛さを与えてしまいます。ここでも色を限定し、オシャレかつ読みやすさを演出しましょう。

ホームページのテーマに合う写真を必ず挿入する

自分がオシャレだと思うホームページを探し、見てみると分かりますが、ほとんどが写真を挿入しています。それもテーマに合うものばかりです。それをそっくりマネすることで、自分のホームページもオシャレに見せることができます。この写真は、ネット上で再使用が許されているものでも良いですが、なるべく自分で撮った写真だと良いです。なぜなら、その方がオリジナリティがあり、自分が望む写真を手に入れることができます。探すよりも撮ってしまう方が速いのでオススメです。

ホームページを作るためには、htmlやCSSの知識がある場合は、メモ帳で十分です。しかし、ホームページ作成ソフトを使用することで簡単に時間をかけずデザイン性の高いページを作ることができます。