スマートフォン向けに考える!通信販売運用のポイント

リンクは大きめでわかりやすくする

スマートフォン向けの通信販売を運用するときには、パソコンとは違った視点で見なければなりません。まずポイントとなるのがリンクの大きさなんです。スマートフォンは指で操作するので、リンクが小さいと押しにくくなってしまいますよね。リンクが大きめでわかりやすければ、ユーザーも快適に利用できるでしょう。手の大きな人に試してもらうと安心ですね。押し間違いを防ぐためにも、隣のリンクとの間隔にも注意してみて下さい。

画像の解像度を高める

スマートフォンのディスプレイは年々高精細化が進んでいますよね。通信販売を上手く運用するには、商品の画像も大切なポイントになってくるんです。画像の解像度が低いと、商品もぼやけて見えてしまうでしょう。画像がはっきり見えないと、商品の魅力もなかなか伝わりません。画像の解像度を高めれば、商品の細かい部分までしっかり確認できるんです。実際に目で見ないとわかりにくいような、素材の質感も伝わりやすくなりますよ。

横の幅は固定しないでおく

スマートフォンの画面は縦向きだけでなく、横向きにも対応しているのが特徴ですよね。サイトの横幅を固定してしまうと、横向きで見るときに窮屈になってしまうでしょう。横幅を固定しないでおけば、レイアウトも自然と見やすくなるはずです。スマートフォンによって横幅も変わるので、いろいろな端末で確認してみることも必要になってきますね。通信販売の運用では、サイトの見やすさをしっかりチェックしておくことも大事ですよ。

通販のパッケージの活用方法を理解するために、複数の専門業者の助言を受けることで、良質なサービスを整えることができます。