大手携帯会社3社の特徴について比較してみる

docomoのスマートフォンの場合

docomoでのスマートフォンの作用をする場合、家族の料金が非常に魅力的です。一人がシェアパックにてパケットプランに加入すれば、家族はそのパケットをシェアすればよいので一人当たりの料金は非常に安くなるでしょう。その反面、一人で使う場合には他の2社と比べて一番料金が高くなってしまうでしょう。その他に、格安simのMVNOはdocomoの回線を使用したものが多いため、docomoのスマートフォンならば直ぐに使用することが出来ます。

auのスマートフォンの場合

auのスマートフォンを使用する場合、一人で使用する際には3社の中で最安値で使用することが出来ます。また、乗り換えで購入する場合、一番高値で下取りを行ったり、キャッシュバックキャンペーンを行なっていることが多く、さらに使用料の値下がりが可能になるでしょう。その反面、家族名義でスマートフォンを所有している場合、パケットのシェアが出来ないため、家族全員別契約にて使用を考えている場合、他の2社と比べて割高になってしまいます。

ソフトバンクのスマートフォンの場合

ソフトバンクのスマートフォンを使用する場合、一人での使用料、家族での使用料は他の2社の間くらいになっています。しかしながら、ソフトバンクの場合、毎週金曜日になるとクーポンが使用でき、様々なものを無料で食べることが出来ます。しかしながら、1年未満の契約の場合、他の2社と比べて違約金が非常に割高になる場合がありますので、注意が必要でしょう。また、一度短期間で他者へ乗り換えてしまいますと、ソフトバンクへ戻ることが非常に難しいです。

スマートフォンを買う時に、何も調べずに買うのは危険です。スマートフォンサイトを一度は見てみましょう。